07.23
Friday
2010

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


09.02
Wednesday
2009


昨日ついに、細巻き&アイスクリーム茶会が終了しました。





今回は、11クラス、140名以上の方にご参加いただきました。

どうもありがとうございました。

来月と再来月は、こちらの事情で通常の半分くらいの開催となります。

大変申し訳ございませんが、どうかご了承ください。

11月になったら全力で茶会を開催いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。



さぁ、慌ただしい秋が始まろうとしています。




これは来月イベントの打ち合わせ。

右がお茶汲み係。真ん中が補佐。左が助手。

まだまだ人が足りません。


08.30
Sunday
2009

 
あっという間に夏が終わってしまいました。

つい先日、ゴールデンウィークだったのに。(いいすぎ)

でも、本当にそんな感じで、浦島太郎の気持ちがよくわかります。


そんな中、東京ガスの教室も無事終了し、ホッと一息。

教室の様子は、コチラコチラのブログでご覧ください。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

ぜひぜひお家で作ってみてください。

出来るだけ早く、忘れないうちに。

皆さんにとって大切な人達が

今後あのうどんを食べるのかもしれない。

・・それを想像するだけで心が躍ります。


私事など綴ってみると、(それがブログか?)

当日、思いがけない嬉しい事がありました。

いつかこの方に会えたら・・と思っていた方が、

なんと教室に!

しかも、オランダから!ま、まさか・・・!!

少しパニック状態になりました。

そして・・ずっと心で思っている事は、

いつか叶うのだという事を、改めて実感しました。

神様。ありがとうございます。


そして、こちらも報告が遅れすぎですが、

おととい、9月の鎌倉ツリープでの教室の募集がありました。

またもやうどんです。

というか、うどんといえばツリープです。

ここの教室は、ひとクラス若干14〜16名。

3クラスのみの募集。

しかも命をかけてやる事になっています。

だから募集も命がけです。(それほどいいすぎではない)


秋は本当にうどんを打つには最適な季節です。

特に初めての方は、秋に始めるとまず失敗がありません。

でもパンを焼くにも最適で、ご飯を炊くにも最適で、

かといって焼き菓子も・・・

私がもう1人いて一日が48時間だと良いという事に気付きますが、

気付くだけです。

あとはもっと能率を上げるしかないですね。はい。

日々精進いたします。


2倍速で動けば良いという事にも気付きました。


08.13
Thursday
2009


只今、夏の茶会・開催中です。

日本の伝統素材で作るオーガニックな巻き寿司をを巻きましょう。

ほんの少しの材料で、少しの手間で、パッと華やかなごちそうが完成。

巻き寿司は、私達 日本女性の必殺技です。






 














07.23
Thursday
2009

出来ました!

地粉の冷麺です。






スープによくからみ、コシのある、切れにくい、完璧な麺です。

もちろん、かんすいも不使用で、使用した物と変わらぬ食感。

地粉独特の濃厚な旨みのある味。

完成です。完成! 涙


冷麺はもちろん、つけ麺や、あたたかいビビン麺、ジャージャー麺など、

中華麺はこれ一つで十分だと思います。


そして・・驚くほど簡単に出来ます!!


美味しい自家製水キムチと共に

今週末のステップアップクラスにてお教えします。

あぁ今夜は良く眠れそうです。


07.20
Monday
2009

JUGEMテーマ:マクロビオティック 

鎌倉コンテンポラリー膳

おもてなしお寿司講座が今月で終了しました。

2回目、3回目の報告をまとめて・・


6月は・・

マクロビすし次郎




鍋1個で、別々に煮たような効果が出る必殺ワザをご紹介しました。

ビンに入れて冷蔵庫に保存可能です。



あつあつの玄米ごはんに混ぜて冷ますだけで、ちらし寿司があっという間に出来ます。

お茶碗1パイ分のご飯でも。






塩とアミノ酸と味覚のお話をしました。

めかぶと塩のスープです。



鎌倉天然わかめとモヤシのサラダ

本年度最後の鎌倉天然わかめ。

来年も楽しみですね。

お寿司の時は、酸味のない和え物の方が美味しく感じます。


とろける水まんじゅう




皮ごと使った、こしてないコシ餡を使いました。

後味のよいスッキリとしたやわらかい餡です。

餡さえ作り置きすれば、本当に10分位で出来るデザートです。


7月は・・

ドラゴンロール

う〜〜完成写真がありません。

とにかく、オーガニックのアボカドです。




こ、これが・・・まったく熟してませんでした。泣

初回のクラスの皆さん。大変大変申し訳ありませんでした。泣 

2クラス目からは、ソテーして使いました。

とにかくこのアボカドときゅうりやテンペの照り焼きや雑穀タラコと共に



クルリと巻きまして



それをカットして豆腐マヨネーズなどを絞って盛りつけます。

中はベジ唐揚げでも何でも良いと思います。

ちょっと辛いのも美味しいですよね。

こちらのブログに生徒さんの作品の写真が載ると思います。(きっと)

ナスのオランダ煮


オランダ煮と言っても油で揚げない田舎風です。

ナスを塩水に浸けるとアクも抜け、型くずれも防ぎます。

あっという間出来る夏の常備菜。

冷蔵庫で冷たく冷やして置くと美味しい。


豆乳のフローズンヨーグルト



なめらか、クリーミィな簡単デザート。

非加熱なので植物性乳酸菌が生きています。



助手が用意したまかないご飯です。

女4人で、いったいどれだけ食べるのでしょうか?

もちろん全員、完食です。

ないときは何もないし、余ったら全部食べるという様なあり様で、

オランダ煮なんかもうクタクタに煮詰まっていますが、

最終日は開放感があり、なんとも言えない雰囲気です。

アルコールなんかなくても酔っぱらっていますね。


ご参加いただいた皆様。

本当にありがとうございました。

さぁ、次の教室も頑張って参ります。


06.26
Friday
2009


出来ました。

卵を使わないフェットチーネです。(手打ちパスタ)



 



05.24
Sunday
2009

 

















(これはメニューではありません。)




05.07
Thursday
2009

白崎茶会の4月の教室「第9回白崎茶会」の報告がまだでした。

年が明けたばかりと思っていたらもう5月・・・

本当にびっくりです。

というわけで今さらですが、自分の記録のためにも・・・

4月メニューです。

春野菜の玄米リゾット



鎌倉天然わかめと新玉ねぎのサラダ


レモンマドレーヌ



チョコポット


お茶は
ウェルカムティーに有機アールグレイティー

ティータイムには無農薬3年番茶有機ダージリンティーでした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。




05.01
Friday
2009


第2回南青山茶会が4月25日(土)に終了しました。
今回も2クラス開催し、47名の方にご参加いただきました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

今回のメニューです。

FOOD
有機天然酵母ブールのオープンサンド
  (ナッツバター&ベジタラモサラタ&ベビーリーフ)

  写真が撮れませんでしたので、前日の模様を・・・

  夜中にこの作業をしていたら、子供がトイレに起きてきました。
  「お母さん・・何してるの?」
  「・・とね、タラコを作って、それで・・」
  「ふうん・・鶏肉も作ってたもんね。おやすみなさい。」
  「・・・」
  良い子に育ちました。

フレーズ

  (チョコケーキ&豆腐クリーム&イチゴ)
  これは時間が経ってもふわっと軽いケーキ生地です。
  そして豆腐の味がまったくしない豆腐クリーム。
  今までクリームというと、有機パーム油や有機ココナッツオイルなどを
  攪拌、乳化させ、ふわっと軽い食感にしたり、要するに・・
  いかに乳製品そっくりにするかという所にばかりこだわってレシピを
  作っていたのですが、最近になって、
  「豆腐クリーム」という新たなジャンルのクリームがあってもいいじゃないか。
  と思い直しました。
  つまり、生クリームではない、新しい美味しいクリームとしての、
  豆腐クリーム。

  あまりにも美味しくない豆腐クリームが多いのですが、
  実は、上手に作れば、生クリームよりこっちのクリームの方が好きな人は、
  とても多いと思います。
  
  もちろん、豆腐の味はしません。
  コアントローなども不使用の完全オーガニック。
  驚きの簡単さです。
  なめらかで濃厚、絞り出してもダレません。
 
  このクリームをずっと試作してて、途中段階のものを4月の茶会に
  チョコクリームデザートとしてサービスで出しました。
  チョコ味はもっと簡単なんです。ケーキもそうですが、
  ベジスイーツは何でもプレーンな物の方が技術が必要です。

  いちごは有機栽培いちごの「紅ほっぺ」を使用しました。


クッキー2種

  ベーキングパウダー不使用で、ふわっと軽く、サクサク、ホロホロとした食感の、
  「しぼり出しクッキー」が新作です。
  もちろん地粉使用。

  「シナモンクッキー」はオーガニックシナモンをたっぷり使った、
  全粒地粉100%生地で。軽く、割れにくいレシピです。

レモンスコーン&クロテッドクリーム
   こちらも写真が撮れませんでしたが、

   このスコーン をミニサイズで焼いて、今月の白崎茶会のレモンピールを
   練り込んだものです。
   このスコーンは来月ecomoの教室のメニューとなっています。
   作ってみたい方はぜひ、ecomoへ。

TEA
ウェルカムティー
   レモングラス&ダージリンティー
 
 ティータイム
   3年番茶
   マンゴースカッシュ(ダブルクーリング・アイスアレンジティー)
   アールグレイティー


 でした。こちらもすべてオーガニックの物をお出ししました。

 今回も、こちらの無理難題をすべて快く引き受けてくださった、
 カファプランニングの篠原さま。
 芦澤さま。
 そして、会場をお貸しくださったイニシヤルの小杉さま。

 大変お世話になりました。

 そして、今回ご参加いただいき、お話を聞いてくださった皆さんへ。
 もう少しだけ・・・
 
 私が今回、一番言いたかったのは、
 やっぱりご飯は自分で作ろう。という事です。

 自分のために、家族のために。
 そして、それはもっとも楽しい事で、毎日毎日チャンスがあり、
 いつからだって出来るのです。
 何度逃しても、また誰にでも平等にそのチャンスはやって来ます。
 
 私が確信を持って言える事は、それだけです。
 
 自分で材料を選び、自分で味を付けよう。

 計量スプーンと計量カップを握りしめ、
 複合調味料どうしを混ぜ合わせている限り、
 どこからも抜け出せません。
 それは料理ではないからです。
 誰が作ったかわからない物は本当に誰がつくったかわからないのです。
 食べた人も自分が何なのかわからなくなる可能性があります。

 もっと自信を持ち、必要のない物を手放してしまうのです。
 何にも怖くありませんし、失う物は何1つありません。
 すごくスッキリと楽になります。
 最初、多少めんどくさくても、心も体も楽になります。
 
 正しい食品を選び、生理にあった調理をするという事は、
 私達の体の中に組み込まれているのです。
 それを続ける事は、喜びでしかありません。

 だからスープの味は自分で決めましょう。
 自分がその時に欲しい塩分の量は、自分にしかわかりません。
 自分で味を決めるという事は、自分の人生を自分で選ぶ事の始まりです。
 
 家の中で、日々の生活の中で出来る、革命はあります。
 私達が食べて生きて行く限り、そのやり方ひとつで、
 世界は壊れたり、元に戻ったりするのです。

 だから料理をするという事は、生きていくという事です。
 自分で食材をえらび、自分で味を決め、自分の未来を決めるのです。

 正しい会社に多くの人が集まる時代がやって来ます。
 それは、その会社の商品を選ぶ人が増えた時です。
 安全な野菜がスーパーに並ぶ日も、
 アマゾンの森林を焼く火が消える日も来るでしょう。
 
 さて、私も今から台所に戻ります。
 皆さんの夕食は何でしょうか?


04.22
Wednesday
2009



鎌倉ツリープ・ワークショップ 「鎌倉コンテンポラリー膳」

は、来月5月から、おもてなしお寿司3回連続シリーズの、

マクロビオティック玄米寿司が始まります。

一足遅れての報告ですが、、、昨日は募集開始日でした。

今回も即日満席となり、お申し込みくださった皆様、
本当にありがとうございます。

まだキャンセル待ちも受付けていますので、
ぜひ、この機会にお申し込みください。この講座は、大変おすすめです。

そして、今後のツリープのワークショップにご参加希望の方は、
ぜひ、ツリープメルマガジンにご登録ください。


さて、今回は飾り巻きではなく、簡単な基本のお寿司をやります。

そして・・
簡単なおすしをいつもチャッチャと作る人は、

飾り巻きも習ったとたん、チャッチャと作れます。


酢飯や具材を作り慣れているので、すぐに美味しく作れるし、

巻くまでの準備もあっという間に出来るからです。

お寿司の初心者が飾り巻きを巻くのは、

それがどんなに簡単な柄でも、画期的なやり方でも、

材料を揃えるまでが慣れていないので一苦労。

いざ巻き始めても、パン作りの始めと一緒で、

手にごはんはベトベトつくし、手順が頭に入らないし、

もう柄なんて何だっていい状態に。(言いすぎです。)

しかも一度巻いたくらいでは綺麗にいかないので、

達成感を味わいにくく、なかなか家で繰り返さないため、

結局は忘れてしまう方も多い様です。

まずは、本物の油揚げに、美味しい玄米酢飯を詰め込みましょう!

すぐに達成感が味わえます。

友人との楽しいパーティーや、家族の記念日、そしてお弁当にも、

嬉しい時は、やっぱりおすしです。

やっぱりおすしを作りましょう。

何といってもこれはお金では買えません。売っていません。


今回は6月メニューが特におすすめです。

マクロビちょいとすし太郎〜です。笑